着物にまつわるエトセトラ

着物のオハナシ

日本の伝統的な衣装と言えば、みなさんご存知の着物ですよね。でも、現代社会の中では、この着物を着る機会はほとんどなくなってしまいました。自分を思い起こしてみると、「この前着物を着たのは、さて、いつだったかな・・・?」と言う位。1年に1回も着ない、と言う人も多いのではないでしょうか。
でも、よくよく話を聞いてみると、多くの女性は、着物を着たいけれど、自分で着付けが出来ない、着た後の処理(お手入れ)方法が分からない、保管場所がない、と言った理由で、実は着物に興味がある女性は多いようです。着物の柄って、可愛らしいものから、綺麗で上品なもの、あるいは古典的、現代的。色々ありますよね。特に古典的な昔の着物の柄は、オリエンタル(東洋的)なものとして、外国人にもとても人気があります。
着付けは無理でも、小物やインテリアに着物生地を取り入れる、という新しい着物の使い方もあります。日本に来た外国人旅行客の中には、京都などで着物の体験をしたり、端切れで作られた小物をお土産に買って帰るなど、着物は、外国人にも「特別なもの」のようです。これほど沢山の着物が巷にあるのに、同じものに出会うことがほとんどない。着物ってすごいですね

関連サイト