着物にまつわるエトセトラ

着物のお悩み@

着物を普段使いにするのに、一番のお悩み事その1は「自分で着付けが出来ない」ということではないでしょうか。というわけで、着付けについてお話しましょう。
着物はボタンやらファスナーやらありませんので、着付けは帯と紐で締めていくことになります。長襦袢(じゅばん:下着)の位置を決めたら縛り、着物を上からかけたらまた位置を決めて紐で縛り・・・、繰り返して最後の最後に帯で締め、完成となります。途中で締めた紐は、ほとんどが固定されれば抜いていくので、最終的に着物を固定しているのは、帯と紐数本になります。このシンプルさは、着物ならではですよね。
着物を脱いだら、きちんとたたんでシワにならないようにしなければいけませんが、着物の縫い目は直線だけですので、たたみ方も非常にシンプルです。基本的には洋服のたたみ方のように、前身頃の両肩を折りこむようなものなので、一度覚えれば誰でも簡単にたたむことが出来ます。あとは、和紙でできた専用の保存紙(たとう紙)に包んで保管すればOKです。薄くはなりますが、小さくすることはできません。広く薄くたたんで収納するので、他のものと一緒に収納することは難しいのですが、箪笥の上部や、押し入れの上部など、出来るだけ乾燥した所に少しだけスペースを確保すれば大丈夫です。