着物にまつわるエトセトラ

着物のお手入れ方法

着物のお手入れ方法についてご紹介しましょう。基本的にはクリーニングが必要な着物の場合、着たら出来るだけ早めにクリーニングに出すのがお勧めです。お手入れ方法を誤ってしまうと、シミが広がったり、黄ばんで落ちなくなってしまう可能性も。特に衿や袖口は汗が付きやすいので日が経つとシミになってしまいますので注意が必要です。
もし自分で衿や袖口をお手入れしておきたい人は、昔からある汚れ落としのベンジン、これを使って、専用のブラシや固く絞った布でトントンとたたくようにして汚れを落としておきましょう。専用の薬剤もありますが、昔からある物には、昔からのもので。このひと手間をやっておくだけで、着物は格段にキレイに長持ちします。クリーニングにしても、自分でお手入れにしても、終わったら、風通しの良い場所に陰干ししておいて、きっちり乾燥させてから、綺麗にたたんでたとう紙に包み保管しましょう。
いざ着ようと思った時に、たたみシワが!と言う時は、決していきなりアイロンを(じゅわ〜)っとやってしまってはいけません。必ず当て布をして、蒸気を慎重に当てながらシワを伸ばしていきましょう。クリーニング店では、アイロンがけだけやってくれるところもありますので、利用してみるのも手です。これらのことに注意して、着物を出来るだけきれいに、長く愛用したいものですね。